Step2: 隠れ作業場

作業中!!!

讃歌(清猿吉)

長いものは 庭にいる ミミズだ / マムシでも ヤマカガシでも 青大将でもなく ミミズだ / 畑にもいて  にょろにょろと 長いぞ

ガムのように 何匹も 土の中にいる / にょろにょろ長い その ひもよ / 空に行く けむりの 根本の ゴム紐よ / 六月の  庭で  畑で  / そこで にょろにょろ・・・

 

讃歌(詞/曲 清猿吉)

Cp3(B7・Em・B7)  E長いものは 庭にいる B7ミミズだ / E7マムシでも Eヤマカガシでも E7青大将でもEmなく B7ミミズだ /(B7) / 畑にB7もいて にょろにょろと Em長いぞ /(Em・G・Em)

GガムのよEmうに 何G匹も 土B7の中にEmいる / EにょろにょろG長い Emその Dsus4ひもよ / Em空に行く けむりの Gmaj7根本の B7ゴム紐よ / E六月の  E7庭で  Emaj7畑で  / Gそこで B7にょろにょろ・・・ (B7・Em・B7)

 

 

作業中!!!

May fifth (清猿吉)

A five follows the five / The five, A five /  then they make May fifth  /  “But, what the matter?”  /  If you ask me so, I will be in absolute confusion

一つの5が その5の 後を追う / その5 一つの5 / それらが 5月5日を 作る / 「だけど それが どうした?」 / あんたに そんなこと 訊かれりゃ ぼくは まったく 訳が 分かんなく なっちゃうよ・・・

日本語部分を直に歌ってみた

CP2/(G/Dm7/G) G一つの5が Dm7その5の G後を追う / そBm7の5 A7一つの5 / Amそれが G5月Em5日に Cなる / A7「だけど それが Aどうした?」 / (G/Em/C)  Emあんたに そんなこと Adim訊かれりゃ Amぼくは まったく Dm7訳が 分かんなく Gなっちゃうよ・・・(Am/Dm7/G)

 

作業中!!!

あくびをすれば(清猿吉)

あくびを 四回 すれば / 四回 続けて すれば / 人は 死ぬんだって 聞いたこと ありませんか? / わたし 誰にも 言えないんですけど / さっき あくびを ました / それも 続けて 四回・・・

死なない 人なんて いないって 云うじゃあ ありませんか / ってことは みんな あくびを 四回するんですね / 四回して そのあとに さよならするんだ

わたし もう 四回 しちゃった・・・

 

あくびをすれば(詞/曲 清猿吉)

CP2::(DS)  (CAmGFC) Cあくびを 四回 Amすれば / C四回 続けて Amすれば / Dm人は Am死ぬんだって C聞いたこと Gありませんか? / E7わたし F#7誰にも F#m言えないんF#7ですけど / F#mさっき あくびを Gmしました / Gそれも 続けて C四回・・・CFGAm(FINE)

Am死なない 人なんて いないって 云うじゃあ ありませんか / Emってことは みんな あくびを 四回するんですね / Dm四回して そのあとに さよならCするんだ

Emわたし Gmもう G四回 CしちゃっAmた・・・  (DS AL FINE)

 

作業ちゅう!!!

 よろこび(詞/曲 清猿吉)

ウマいものを 食うはの 喜び / 酒に 酔うのも よろこび / むろん エロだって 嬉しいよ

 

作業ちゅう!!!

海と空とアイスクリーム(清猿吉)

さすが春の雪 とけるのが早い / とけるといえば とけて 困るのは アイスクリーム / ときたいのは 難問 /  みんな とけて 水に なって その 行き先は 海かい? /  でも その 海の うえに 空が あるのは どういうわけだい? / One of ice cream trouble  is its melting

 

海と空とアイスクリーム(詞/曲 清猿吉)

さすが春の雪 とけるのが早い / とけるといえば とけて 困るのは アイスクリーム / ときたいのは 難問 /  みんな とけて 水に なって その行き先は 海かい? /  でも その海の うえに 空が あるのは どういうわけだい? /  One of ice cream trouble  is its melting

 

作業中!!!

(推敲中)

1::きょうは オレの 満六十九の 誕生日だ / だから 来年は 七十だ / それは 古稀だ / コライ稀れというが 今では 当たり前だ / それは どういうわけだ? / ダ、ダ、ダ、だぁ~ん!

2::朝より 回りて 日日 春衣を 典し / 毎日 江頭に 酔ひを 尽くして 帰る / 酒債は 尋常 行く処に 有り

人生七十 古来稀なり / 花を 穿つ 蛺蝶は 深深として 見え / 水に 点ずる 蜻蜓は 款款として 飛ぶ

伝語す / 風光 共に 流転して / 暫時 相賞して 相違ふこと 莫れと

3::ああ! ダ、ダ、ダ、だぁ~ん! / な・な・じゅ~! / ど~ん!

 

作業中!!!

 

 

 

 

 

作業中!!!

おまけ::1989年Diamonds (詞/中山加奈子  曲/奥居香)端折り(清猿吉)

E あの時感じ G#m   Bm あ~あ 予感は A 本物 Am あ~あ 今 私を E 動かして F# る そん B な気持 E  

A それは素敵なコ B/A レクション  G#m もっともっと C#sus4 並べた C#m い  眠た F#m くっても 嫌わ E れても 年を A とっても や F# められな

E ダイアモンドだ G#m   Bm あ~ いくつかの A 場面 Am あ~ うまく言え E ないけれF# ど 宝物だ B A  

ベルト F#m をしめて プロペ E ラまわし 大地 A を蹴って と F# びあがる Bsus4 B  

 

 

作業中!!!

「アルハンブラの思い出」メロディ抜き出し

詞を付けること。

「アルハンブラの思い出」オリジナル

 

 

 

作業中!!!

キレイになって(詞/曲 清猿吉)

Daug朝の が E7キレイで Dあかるく G透きD通って / E7木の葉を D照らす / Daug風は 吹いて E7それを そのうDmaj7ち 揺らす / Gはずだ・・・

Daugああ E7もう D荒くれG男は いEない / E7キレイで Dあかるく G透きD通ってしまった E7この世に / Daug荒くれG男は 似Dmaj7合わない / Gからだ・・・

Daugそう謂えば 阿E7婆擦れ女は Dどうした? / G荒くれD男が むかし 好いE7ていた Daugあの 阿婆E7擦れ女(おんDmaj7な)の / Gことだ・・・Daug

 

作業中!!!

おまけ::1866年フランス  さくらんぼ実る頃(詞/ジャン・バティスト・クレマン(Jean-Baptiste Clément) 曲/アントワーヌ・ルナール(Antoine Renard) 日本語詞/工藤勉) 端折り(清猿吉)

 

作業中!!!

おまけ::Irish air “Down by the sally gardens”  歌詞採録William Butle Yeats (1889年の詩集 “The Wanderings of Oisin and Other Poems” にある) ;Cords BY Emi Fujita / 端折り(清猿吉)

(・・・そのうち)

 

Down Gby the Dsalley CgarG/Bdens my Clove and DI did Gmeet; / She Gpassed the Dsalley CgarG/Bdens Cwith littDle snow-whiGte feet. / She Embid me Ctake love Bmeasy, as the Cleaves grow Don the Gtree; / But GI, being Bm7young and CfoolG/Bish, with Cher would Dnot Gagree.

In a Gfield Dby the CriG/Bver my Clove and DI did Gstand; / And Gon my Dleaning CshoulG/Bder she Claid her Dsnow-white Ghand. / She Embid me Ctake life Bmeasy, as the Cgrass grows Don the Gweirs; / But GI was Bm7young and CfooG/Blish, and Cnow I am Dfull of Gtears.

参照::“Down by the sally gardens” sung by  Maura O’Connell with Karen Matheson.

参照::ネット上のBeth’s Notesにあったsally gardensの譜をMuseScoreで書き写したもの。一番の歌詞はBethが入れていたもので、それをまねて二番を入れてみた。和音はEmiがつけていたのを写した。こうして譜を追いながらMauraの歌を聞いていると、相当外れていることが分かる。しかし、その外れが表現なのかもしれない。うたを歌うことは機械的なことではないのだから、機械的正確さはそれを好む方にまかせたい。これで歌うための準備完了!こういう準備をするのは今回が初めてだ。

和音が合っていない。後で歌うまでに書きかえまっす。書き換えなくもCP1でどうか?

 

 

 

 

 

作業中!!!

何かのパクリから、ひぐれ道(詞/曲 清猿吉)

CP2   (D6)   D6郵便Dmaj7ポストが G6赤いのも / Fmaj7電信Dm7柱が Em高いのAmも / Emみんな わAmたしが Gいけないのです / (GEm)   /   Em涙なAmがして Am7諦めて / Gとぼとぼ歩D6く 日Em暮れE道   (GEm)

 

作業中!!!

アリ(詞/曲 清猿吉)

DmEmDm Dm働きアリ Em兵隊アリ Am女王アリ   Dm   蟻「蟻 画像」の画像検索結果

 

作業中!!!

(QnS還暦祝歌)堕天使(だてんし)(詞/曲 清猿吉)

Em天使は 堕落して 悪魔Gに なった / Eわたしは Am7落ちこぼれて G農婦に なGM7った

C山あいEmの / 小Gさな 町の まちはEm7ずれ / Cウロコ雲Emでて AmコスモスCが咲き G赤トンボ / Cそこに わEmたしは 暮Cらしてる

Gちょっと前 Amみんな 捨Emてて やっD7て来た / Em風に 吹D7かれて やってC来た / G海を わEmたって やってC来た / Gいい人 Emいそうで GやってC来たG

Em天使が 堕落して 悪魔Gに なって / Eわたしも Am7落ちこぼれて G農婦に GM7なって / C悪魔のような G農婦だけれど / Dそれも Dm7そんなに Cわるくない / Emでしょう?

Amみんな 捨Emてて やっD7て来て / Em風に 吹D7かれて 思いC出す / G海の 向EmこうGの くにのCことG

Cだけど もう こEmこが すっかり Gわたしの D7居場所 /Em/Am/G/  Cここは G山あい Em小さな 町Amの / Em小さな 町の GまちはCずれG

 

作業中!!!

らくえん(詞/曲:清猿吉)

G農園Cに サAmルスベリが Em咲き / G悩んでEmいる C猿が 木Dから G落ちる / D楽園G・・・

 

作業中!!!

ボン歌(詞/曲:不明、猿吉記憶もの)

Amおぼんの おぼんの E7おじゅろぐ日に Am7よね子さんと かね子さんと E7お墓参りに Am行ったですCよう

 

作業中!!!

おまけ::タクシードライバ(詞/曲:ミユキ・ナカジマ)  端折り(清猿吉) 

タク Gシー・ドライ B7バー 苦労 C人とみ Am7えて / あた Gしの泣き Em顔 見て Am7見ぬふ D7 / 天気予 G報が 今夜 B7もはず Cれた Am7話と / 野球の G話ばかり D度も何 C度も 繰り返 G 

G酔っぱらいを乗 B7せるのは 誰 Cだって嫌だ Am7よね / こんな Gふうに道の Em真ン中で泣いて Am7るのも 迷惑 D7だよね / だけ Gどあた B7しは もう C行くところが Am7ない / 何 Gをしても 叱って Dくれる人も Cもう いな Gいない 

G笑ってい B7るけど みんな C本当に Am7幸せで / 笑い Gながら 町 Emの中歩いて Am7ゆくんだろうか D7ね / 忘 Gれてしま B7いたい望 Cみを かくす Am7ために / バカ G騒ぎする Dのは あたし Cだけなんだろうか G

Gゆき先 B7なんて どこ Cにもな Am7いわ / ひと G晩じゅう 町 Emの中 走り Am7まわっておくれ D7よ / ばかや Gろうと あいつ B7をけなす C声が途 Am7切れて / 眠 Gったら そこ Dいらに捨てて Cいっていい G 

タク Gシー・ドライ B7バー 苦労 C人とみ Am7えて / あた Gしの泣き Em顔 見て Am7見ぬふ D7 / 天気予 G報が 今夜 B7もはず Cれた Am7話と / 野球の G話ばかり D度も何 C度も 繰り返 G 

 

 

作業中!!!

くる夏は(詞/曲:清猿吉)

明けるもの / 夜があけて 夜明け / 口をあけて 口開け / あっけに取られて 口ぽか~ん / なにはともあれ、あっけらカン / カンカン照りの 夏がきた

スイカに マクワに モロコシだ / トマトもあるぜ、ナスもある / それがあるのが オレの / 忘れちゃ いけない イボきゅうり / みんな 合わせて 冷や汁さ

あなたに あるのは なんですか? / 若さが あるなら 恋だろう! / 恋を実らせ 子をつくり / 人類繁栄 めでたいかい?

オレにあるのは ひっひっひ エロい笑いと 金たんまり / ひっひっひの エロじじい

ず、ど、どん、どん / ぱきん、きゃら、きゃら / ひゅー、ひょろ、ろ / 花火に つられて ご先祖が / やって来ました あの世から / 三万年まえの あの世まで みんな集って やってきた

くる夏は オレの夏 来た夏は  みんなで しましょう 盆踊り

 

 

作業中!!!

おまけ::ちょとだけ同じ時代に(詞/東海林良 曲/石井清澄) 端折り(清猿吉)

G夏かぎり Gmaj7消えEmてゆEm7く / G流れ雲Bm7に Dm7かげり見G7た~ / C燃えつきD7た おBmまえEmとの / このC愛の Am7おわり見G7た~・・・

C同じ 時BmAmに / 同Dじ C季節B7を / 過ごCしては きEmたけど / Am7夢が ちがっD7G7

やっCと D7今 このBmセリフ / EmおまCえに 言えAm7そうさEm / おまCえに Am7言えそうGEm

 

作業中!!!

何かのパクリ・もと歌不明::キウイ・パパイヤ・マンゴ

Dsus4DG GきみたちCキウイ パパイヤ Gマンゴだね!  C

 

作業中!!!

むずかしい・・・(詞/曲:清猿吉)cp5

C雨の なか Am7家に いるのは Dm何だい? / Amばかネコ Emばかイヌ Em7ばかムスCメ!G7

C雨の なか Am7小屋に いるのは Dm何だい? / Amばかヤギ Emばかウシ Em7ばかムスCコ!

FmそりゃC難題!

 

作業中!!!

おまけ::時間よとまれ(詞/山川啓介 曲/矢沢永吉) 端折り/清猿吉CP2

①::C罪なやCaugつさ AEm7h PACIFG7IC / Amあおく燃えるDm7F/G / Cどうやら おCaugれのEm7負けだG7ぜ / Amまぶた閉じよDm7F/G

C夏の日Caugの 恋AaugなんA7て / Dm7G7Em7笑い なA7がら  / こDm7ひとG7に 賭けFmaj7

②::C汗をCaugかいたEm7グラスG7の / Am冷えたジンDm7よりF/G / C光るCaug肌のEm7香りG7が / Amおれを酔わDm7せるF/G 

AmCaugで かAaugまわ なA7い / Dm7時間G7よ止まEm7れ / A7いのちのめDm7まい のG7Fmaj7  

 

 

作業中!!!

はつもの(詞/曲:清猿吉)ヒント:QnS

Em手乗り文鳥の pi-Cchanが 死GんじゃっEm7た / Am父ちゃんは Cトイレに捨てろと Emきたないことを Am7言っている / E7便所だなんて Cpi-chanは Amウン子でも Am7シッ子でも なEいぞ!

・・・Emわたしは 墓を  つCくって pi-chanGを 埋めた / E7うめてから Am7泣いて / Cその日 学Am校を G休んだ 

E夕方 Em給食の パンが G届き / Em母ちゃんが おAm礼を言って 受Gけ取って / Cわたしが Amその日 Emはじめて / C口にしたのE7がね GそのE7コッペパGンでした

 

作業中!!!

おまけ::がんそ 透明人間 (詞/曲::クニ河内) 端折り:(清猿吉)

C永年の研究の成果がGやっと実りました / Cホイデモッテ Em透明人間になれたよ / GもうC僕の姿は見えないのです Amよ

G欲しいものは C何でもEmタダ / G行きたいところは C何処でもEmタダ / Dホ~イホイホイホイ // EmAmG // Gバンザイー バンザーイ Cやっとこサ / G透明人間にCなれたよ

GイヤなヤツはなぐってけCとばして / Gよりどりみどりで美人Cとデート / G昼夜 裸だけど 寒いも暑Cいもない / G活力 精力 寿命 永久C持続 // EmAmG // Gバンザーイ バンザーイ Cやっとこさ / G透明人間にCなれたよ

Gでも僕の姿 誰にもC見えない / G気づかれない わCからない / GなんとなくEmさびしい / CなんとなくAm泣きたい / Gしかしこの体じゃもうE手遅れ / GどうにもならEmない CなんともならAmない / Cだけど神が与えた道だAm / Gエーイ Cあきらめろ

EmAmG // Gバンザーイ バンザーイ Cやっとこさ / G透明人間にCなれたよ // EmAmG // Gバンザーイ バンザーイ Cやっとこさ / G透明人間にCなれたよ // EmAmG // Gバンザーイ バンザーイ Cやっとこさ / G透明人間にCなれたよ // EmAmG

 

 

 

作業中!!!

おまけ::四丁目の犬(詞/野口雨情 曲/本居長世) :端折り(清猿吉)

Bm一丁目の こども 駆け F#m駆け Bm帰る / Bm二丁目の こども 泣き F#m泣き Bm逃げた / F#7四丁目の 犬は Bm7足長犬だ / F#7三丁目の 角で こっち向いて Bm7いたぞ

(猿吉追加)::Bm左の 犬は F#mとしより Bm犬さ / F#m思い出の 犬は Bm名前が ジョンで / Bm右の 犬は F#mおばかな Bm犬よ / F#7どうにも こうにも Bm7犬ってものは / Bmその辺で いつも F#7こっち 見ていBmるぞ

参照::酒井俊のうたう「四丁目の犬」

作業中!!!

おまけ::雨のブルース(詞/野川香文  曲/服部良一:1931年):端折り(清猿吉)

Am雨よふれふれ / Emなやみを Am流すまで / D7どうせなEmみだに ぬAmれつゝ / D7夜毎なげくAm7身は / Amあゝ かえり来ぬ / Em心のAm青空 //  Emすゝり泣く Am夜の雨よ

Amくらい運命に / EmうらぶれAm果てし 身は / D7雨の夜路を EmとぼAmとぼ / D7ひとりさAm7まよえど / Amあゝ 帰り来ぬ / Em心のAm青空 // Emふりしきる Am夜の雨よ

作業中!!!

わたし、だあれ?(詞/曲:清猿吉) ヒント:(QnS)

::G冬の C寒い朝 / Gけい子ちゃAm7んが C池の氷を G歩いて Am7渡った / Dmそのあと わたしも Emaj7渡ったら /  Dm氷がG7われて おっCこった

::Am次の朝も C寒かった / Gけい子ちゃAm7んが C池の氷を G歩いて Am7渡った / Cよし子ちゃんも 渡った / Dmそのあと わたしも Emaj7渡ったら / Dm氷がG7われて おっCこった

::Em三日目のAm7朝が Fmいちばん C寒かった / Gけい子ちゃAm7んが C池の氷を G歩いて Am7渡った / Cよし子ちゃんも 渡った / Gさと子ちゃんも 渡った / Cみんな 渡った / Dmそのあと わたしも Emaj7渡った / Dmいけの 氷がG7われて おっCこった

だん だん 誰ぁれ / 落ちる わたしは 誰でしょね?

 作業ちゅう!!!

うそばっかり(詞/曲:清猿吉)

Fないのに Am7あるだなんて / Dあるのに Fmないだなんて / G7うそ ばっCかり

Fないから ないAm7だなんて / Dあるから あるFmだなんて / うわ! G7ホントばっCかり

Dこまったものです Cウソ・ホント / Dたいしたものです Cウソ・ホント / そんなものです ウソ・ホント

作業ちゅう!!!

くわれた金魚(詞/曲:清猿吉 ただし冒頭はパクリ) :ヒント(QnS)

G赤いべべ着た / D可愛(かわい)いG金魚 / お眼々をDさませば 御馳走するGぞ

Gあかいベベ着た / D金魚のわたし / Gあぶく はきはき Dおそとを みれGば / A7sus4あたり いちめん A7雪景色 / Gきょうはカラスも D飛びません

G冬鳥 冬鳥 Emモズですか / Dいいえ わたしは Amツグミです / G餌をさがして Emとんでます / Em金魚 なんだか おいしそう / Amごちそうですから いGただきさ / はい! パックン! Dごちそうさま!

作業ちゅう!!!

おまけ::ミネソタの卵売り(詞/佐伯 孝夫 曲/利根 一郎) :端折り(清猿吉)

「Cmaj7」の画像検索結果or「Cmaj7」の画像検索結果

Cmaj7ココココ コケッコ / Gココココ コケッコ /  Cmaj7私はミネソタのE7卵売り /  Cmaj7町中で一番のにGん気者 /  Cmaj7つやつや生みたて G買わないか / E7卵に黄味とEmaj7白味がなけりゃ /  Cmaj7お代はG要らない E7ココ… Cmaj7コケッコ

Cmaj7私はミネソタのE7卵売り /  Cmaj7町中で一番のGど自慢 /  Cmaj7私のにわとりG素敵です / E7卵を生んだり Emj7お歌のけいこ /  Cmaj7ドレミ ファ Gソラシド / E7ココ… Cmaj7コケッコ

Cmaj7私はミネソタのE7卵売り /  Cmaj7町中で一番の G美人です /  Cmaj7皆さん卵をG喰べなさい / E7美人になるよ Emaj7いい声出るよ /  Cmaj7朝からG晩まで / E7ココ… Cmaj7コケッコ

 作業ちゅう!!!

草の実(詞/曲:清猿吉) :ヒント(QnS)

Dゆきがふって 真っ白け / Gそこへからすが 舞い降りる / Dゆきの下では G草の実が E土のなかで Dねむってる

G金持ちのCうちにD産まれた / Cそれはよかった Dめでたいね / Gやった努力も報われた / Dそれもよかった Cめでたいよ

Em苦労だ Amイジメだ Dm貧困だ / Emそれは不運だ Amおきのどく / Amそれは気の毒  E7ごくろうさん / E7金持ちとAm7貧乏人 / G金持ちになりたい E7貧乏人 / Em苦労はA7いやだよ Am苦労人 / いじめないでよ いじめっこ

Dゆきがふって 真っ白け / Gそこへからすが 舞い降りる / Dゆきの下では G草の実が E土のなかで Dねむってる

作業中!!!

おまけ::空も飛べるはず(詞/曲:スピッツ):端折り(清猿吉)

Am色あせながら Fmaj7ひび割れながら / Dm7輝くすべを求めて / 君とC出G会った Am奇跡が / FこのG胸に あCふれてる / きっと F今Gは じEm7ゆうに 空D7も飛べるはG7ず // 夢をC濡らGした涙Amが F海G原へ流れたら / ずっと FそばGで Em7笑っAmて Fいて G7ほしCい