日別アーカイブ: 2018-03-16

きょうの予定は?【①出/駅25点・・・ ②収/フキノトウ、ぎんな・・・③荷/ゴボ、ぎんな、とう・・・ ④作/えんどう種まき、やまいフレーム解体、なばな追肥、むぎ踏み、ニラ移植、・・・⑤他/特になし・・・】です。

  • きょうは雨っぽい。
  • 雨がふれば、春のあめ。
  • 金持ちのコガネムシが自分の子供に買ってやったのは、なめるアメだった。

そういうことはどうでもいいのだが、【森友/財務局/財務省/政府///政治】 の関係における「言葉」の働きは注目に値する。そういうのをよく観察して言葉についての何かを発見したい。

ある立場の人が何かを言う(=言語使用する)とはどういうことなのか。言葉についての大問題である。マイカワ君もサガワ君もアソ君もアベ君も言うしシイ君もツジモト君もオレも言う(=言語使用する)のである。

言葉が個人の主体的意思によって発せられるなどとは到底おもえない。だいたいある社会のなかに何がしかの立場があるということ自体、個人の意思によってできるようなものではないだろう。そして、その立場にある人が、それぞれ言うのだ。

あなたは言えといわれたら何を言いますか? それが知りたいです。それはあなたの主体的な意志によって言われますでしょうか? それとも・・・。あなたの社会的立場の反映からでしょうか。ソクラテスとかプラトンとかアリストテレスとかシャカとかキリストとかムハンマドとかはどういう立場の人だったのですか?

オレなどは貧農で頻尿、尿漏れ失禁する、目があまりよく見えない老人、という社会的立場があるからこそ、こんなことが言えている気がします。北杜市市長だったりしたら、こんなこと言っていれば職務に支障がおこるようなスキャンダルになる気がします。

「わたし」として感じられているもの(=感覚されるもの)はそういうものだと思うのです。そのわたしが言うのです。森友問題をそういう視点からみるのもチョット有益な気がします。その問題をめぐって登場してくる人たちの社会的立場のことを言っています。そして、その人たちがそれぞれに言う。

なにしろ人が言葉を使って何をしているのかという問題はまだ未解明なのですから・・・。『コミュニケーションしている』なんて言いますが、それが何だかは不明です。

不明のまま言葉が飛び交い、事は成りゆく(=歴史)。

きょうの英語::I think that what is I felt as “me” is such thing what is my position in the society. 

きょうの四小節::18316/// #五つだ! ⓵ファ②ド③ソ④レ⑤ラ⑥ミ⑦シ! なんのこっちゃ! くそ!

作ってるオレの気持ちとしてはGmin(ト短調)の気分だったのですが、それが何のこっちゃか、わ~か・り。ませ~!N.

それはそれでいいんです。でも・・・。これ☛ ギター・コード表のギターズ.net:Gm もGminなんですぜ。こっちは和音。あっちはソを主音とするラシドレミミファソラ(=短調)。こっちはソを根音とするソ・シ・レの和音。・・・。ちなみに長調はドレミファソラシドです。

上記五つの譜は、もしそれが長調ならBmaj(ロ長調)のはず。シを主音とするドレミファソラシドだ。

ね。厄介でしょう?

オレ、けっこう厄介なことを好き好んでやってるんだ・・・。

あ~苦しい。

喜びは苦しみの中に・・・。