日別アーカイブ: 2018-05-26

きょうの予定【①出/駅20点・・・②収/・・・③荷/もう売り物が何もないんだぁ・・・④作/苗管理(4/23もの、5/1もの苗管理(水やり、5/1ものから二本立て苗づくり80本(240本分相当)、スイカ苗鉢上げ、マクワ鉢上げ)、トマ畑マルチ張り(5/12から9/12へ☚8/12までしかできなかった)、ゴボ畑除草☚途中、ネギ畑除草☚苗取り植え付けのこと・・・⑤他/・・・】です。

  • きょうのゴボウの出荷でウチにはもう売るものが何もない。
  • コマツとエンドウが次なのだが、まだ出来ていない。
  • それにコマツなんて虫に食われて穴だらけさ。
  • なんで世の中には虫ってものがいるんですか?
  • でも。まあ、今は今年のトマト畑の立ち上げ準備で大忙しだからソレデいいんだけど・・・。
  • 人生に必要なものは『Courage, Imagination, and a Little Dough(=money)(勇気、想像力、それに少しのお金)』(チャップリン)だそうです。
  • 虫はどうなんでしょう? 人生での必要性は。
  • 少しの金に苦しんでいませんか?
  • 勇気と想像力でそれをなんとかしましょうよ!
  • 虫でなんとかなりますか?
  • アブラムシ、キンカメムシ、コクゾウムシ、アオムシ、ケムシ、イモムシ。
  • ゴキブリも虫か?

 

きょうの英語::We don’t have anything to sell after today’s shipping.

きょうの四小節::18525///『桃色吐息』でべんきょう

きのうの譜を短三度上げた。

「上げた」と言っても、手動で上げたのではなく、MuScの操作で上げた。MuScに「短三度」上げるという移調モードがあるから、それを使った。

そしたらDで始まっていたものがFで始まる譜に変わり、調号として♭が三つ付いた。♭の付き順はシ(=B)・ミ(=E)・ラ(=A)・レ(=D)・ソ(=G)・ド(=C)・ファ(=F)だ。つまり、B、E、Aを半音上げると短三度上げた譜がつくれるということだ。

が、その理屈は、まったく分からない。短三度上げたいと思ったら♭を三つつければいいのか? この♭が三つついたものは楽典で見るとC minor(=ハ短調)である。元はA minor(=イ短調)だった。AからCまでの音の離れはキーボードで見ると確かに短三度である。

「短三度上げたい」と思ったらどうすりゃいいんですか? 調号はそのままで、 一音ずつ短三度を数えて手書きするんか? 調号を変えて始末してしまいたいんですが・・・。