日別アーカイブ: 2018-09-03

きょうの予定【①出/協25枚12袋、駅25点、小麦粉発送10㌔)☚(_ _*)・・・②収/(きうり・なす)☚QnS“(-“”-)”・・・③荷/とま・きうり・なす)☚猿(_ _*)/*QnS“(-“”-)”・・・④作/トマ畑(つる捻転・下葉落とし・誘引・芽掻き)がまだ続く。ぜんぜんおわってない。はげもう。☚猿(_ _*)/QnS“(-“”-)”、草刈(HKnM)☚猿(_ _*)/・・・⑤課題/畑抑草、う~・・・⑥他/う~・・・】。

きのうなにした?【①出/(協52枚24袋、駅35点)☚猿(_ _*)・・・②収/(きうり)☚QnS“(-“”-)、(とま)☚QnS“(-“”-)”猿(_ _*)・・・③荷/(とま・きうり・ごや・すいか)☚猿(_ _*)/*QnS“(-“”-)”・・・④作/トマ畑(つる捻転・下葉落とし・誘引・芽掻き)がまだ続く。ぜんぜんおわってない。はげもう。☚猿(_ _*)/QnS“(-“”-)”、草刈(HKnM)☚猿(_ _*)/・・・】でした。

怒りぎみの;;QnS“(-“”-)” ✖✖✖ 俯きがちな;;猿(_ _*)

  • 雨。
  • 降ってます。
  • 台風21号が来ています。

オレさあ、ホントに何にも考えていない。考えてはいないがシテはいる(=為す=行為する)。

「考え」って、事後的に分かるんだ。事後的にとは【行為した後に】ってこと。この行為には発話行為も当然含まれます。『雨。降ってます。台風21号が来ています。』と発話したあとで、オレはそう考えたんだと分かる。事後的に分かるとはそういうことです。

これは何も発話行為に限らない。もともとは野球の打者がバットを振る行為から出た話で、アメリカの何とかチャンドランとかっていうインド系の大脳生理学者の言い出したこと(のようだ)。

球が投手の手を離れて捕手のミットに収まるまでの時間と、打者がそれを見て打つか打たないか判断して決め、そして打つ(か又は打たない)(=つまり、行為の前に「考えて」決める)までの時間を比べると、考えてから➡打つ、ことは時間的に不可能だ、という話だった。チャンドランは【見る・判断する・そう決める・そうする】のにかかる時間の計算ができるヒトだ。なにしろ大脳生理学のヒトだから。

打つか見逃すかは、考えるまえに、すでに身体によって行われているのだった。

この話が気になって、そういうつもりで自分を観察しての結果「ホントにオレって何にも考えていない」なあ・・・って思うようになった。天道説がひっくりかえって地動説になるようなものだ。ものの見方が百八十度変わる事態だった。

だからよく考えて、その後に、その考えに従って、行為することは、ほぼ不可能。(???ホントか???)。

あなた。結婚なさっている? よく考えて結婚なさいましたか? 事の方が先に進んでいませんでしたか? 後になってそれが結婚っていうことだって気が付いたりしたんじゃありません?

つまり「考えったってムダ」。

要は「思い出」をつくることだ。そのような事で云うと考えるとは「思いで作り」なのだ。わたしたちは思い出を武器に生きる。願わくばソレがいい武器でありますように。

武器が危険だとおっしゃるなら道具と言ってもいいです。包丁は道具ですが・・・。思い出も。

最近思っているのは、そんなようなことです。

きょうの英語::I think so, recentry.

きょうの四小節::吟遊れんしゅう::『Oh my pretty little red dressed fish ! 』

前にもベンキョウしたように、日本語のモーラと英語のシラブル(音節)はちがう概念のようなのだが、それをどうやって摺り合わせればいいのだろうかという疑問があるのです。

うまくいかないなあ・・・。