きょうの予定【①/駅(45点)☚猿:\(_ _*)/、・・・②/(とまと・こまつな)☚猿\(_ _*)/、・・・③/とまと・きく・こまつな・ぎんなん☚QnS“(-“”-)”\(_ _*)/、 ・・・④作/トマ畑(青玉取り・片付け4/12☚途中)☚猿:\(_ _*)/、・・・    ⑤課題/精麦製粉計75㌔、 収穫(かぼちゃ・ごぼう・やまいも・ゆりね)、種まき(年内じゃがいも春一番どり!・年内ゆりね種根植え芽生え時マルチ・ふき畑移動・にら移植)、農園(電柵整備)、う~・・・  ⑥他/QnS;その辺で友達と遊びに出かけ(泊)、大工;スギヤマ・タカシ(けんちく屋 MARUSUGI)来;リホームの見積もり下見、・・・】

言語論169

  • ちょっと精神的な危機を迎えています。
  • 「受動意識仮説」(マエノ・タカシ)ってものを知ったからだ。
  • ちょっとしたことでヨウロウ・タケシ(の、言葉・意識)、モギ・ケンイチロウ(の、クオリア・偶有性・セレンデプティ・意識)と、その言っていることを(ネットで)辿っていたら、そこにマエノ・タカシの「受動意識仮説」があらわれた。
  • これに打ちのめされている。
  • それが危機なんだ。
  • 前から言っているように、すでに主体(=わたし)を物事の根拠にすることは捨てているわけだから、受動意識仮説なんてものがいまさら出てきても驚かないと見栄を切ってみたいところだが、脳神経科学の証拠と一緒に言われると圧倒される。
  • そこでマエノが言っているのは、知・情・意のどれも「出来てしまったことの後追い」だというのだ。そこに自由なんかビタ一文ない。
  • 「床屋に行きたい」と意思したって、そう思う0.5秒前にすでに脳はそれを決定してしまっていたのだというような話で、意識される知・情・意はどれも決定されてしまったこと(または行われてしまったこと)の後追いだというのだ。
  • 「そうしたいので、そうした」の順番が逆転し、「そうしてしまったので、そうしたいと思った」となってしまう。そしてこの時間順序を反転させ「そうしたいので、そうした」と組みかえて意識にのぼってくる。
  • 天道説が地動説に代わるようなことだ。
  • そういうことでアブナイおれサ。
  • しかし、証拠といっても、オレにとってはその全体が言葉でしかないこと。それがオレを圧倒すること。それも謎として迫ってくる。
  • どうして? なぜ言葉がこんなにオレを圧倒するんだ?!
  • 行き交う【うわさ話】の世界に住んでいるとはどういう事なのだろうか?
  • 証拠などというがどう見たって事実は【うわさ話】にすぎない。

きょうの英語::I am in a mental crisis situation right now.

きょうの四小節::吟遊れんしゅう::スピッツの「チェリー」から・・・

君を 忘れない / 曲がりくねった 道を 行く / きっと 想像した以上に 騒がしい 未来が 僕を 待ってる / アイシテルの 響きだけで 強くなれる 気がしたよ / ささやかな 喜びを つぶれるほど 抱きしめて / ズルしても 真面目にも 生きていける 気がしたよ / いつかまた この場所で 君と めぐり合いたい

 

きょうの漫画::マネして練習::尾形光琳の『群鶴図』六曲屏風、ワシントン フリーア美術館所蔵から

 

一羽だけ抜いてマネしてみました。なんだか嘴がペリカンぽくなってしまった・・・。

感心するのは、その単純化の技です。身につけたいなあ。