日別アーカイブ: 2018-12-09

きょうの予定【①/駅(25点)、・・・②/やまいも、・・・、・・・③/とまと、・・・④作/コユキ小麦(白粉とり製粉10㌔)、タイヤ交換(軽トラ・ノート)☚できなかった、・・・⑤課題/収穫(ごぼう)、他(ふき畑移動・ふき/スペルト麦分離、にら移植)、農園(電柵整備)、う~、・・・  ⑥他/QnS;出かけ中、きょう帰宅予定、う~、・・・】

・・・。

きょうの英語::(6th) :: There is my white expensive pen which has a black cap.  

きょうの四小節::歌ってごまかす『・・・』::吟遊れんしゅう

きょうの漫画::コピーで練習::シバサキ・ハルミチのサイトで『ヤカン』のれんしゅう

 

ネット検索していたら水彩画の描き方サイトがあったので、早速それで練習だい!あいや!

しばらくこれをやって技術を身につけたい。マジシャンがマジックの練習をするのとおなじことだ。身体の技法だ。

とは言っても、その身体は絵の具や水や紙や筆と繋がってのことだけど。そういう、物と繋がって一つの統一体となって運動してゆくもののことを【U-body(U-体)】と名付けたのはモチダ先生だった。こうしてオレは水彩画U体という生き物になる。

他者も物として考えるとこれはもっとふくらむ。その当の他者からみればオレは他者であり、したがって物となってあなたの(つまり他者の)U体の構成要素になるだろう。わたしからすればあなたは絵の具や紙や筆と同じように物となり、オレも絵の具や紙や筆とおなじく、あなたの物となる。人のつながりとはそういうことだ。

絵ばっかしじゃなくて、楽器だって農業だってそういうもんだろう。もしかすれば生きていることとはそういうことなんじゃないかって思う。

ひえ。