日別アーカイブ: 2018-12-10

きょうの予定【①/駅(15点)・発送(小麦粉10㌔)・配達(ライ麦粉75㌔・小麦粉50㌔)、・・・②/やまいも☚できないででいる。ああ、・・・③/とまと、・・・④作/タイヤ交換(軽トラ・ノート)☚風吹いて寒いんだよな~☚出来ていない、・・・⑤課題/収穫(ごぼう)、他(ふき畑移動・ふき/スペルト麦分離、にら移植)、農園(電柵整備)、う~、・・・  ⑥他/スグヤマ大工打合せに来る、う~、・・・】

・・・。

きょうの英語::(6th) ::My white expensive pen which has a black cap was costed ten thousand Yen.  (There is my white expensive pen which has a black cap. ⇒Ø(there is) My white expensive pen which has a black cap). Then, what is “there is”? 

きょうの四小節::ペンタトニックからエプタトニックへ::『CDEFGAB』

 

よく分かっていない・・・。がまん、がまん。で、続ける。

きょうの漫画::コピーで練習::シバサキ・ハルミチのサイトで『とうもろこし』のれんしゅう

うまく行かないが、一生懸命まなんでいます。水彩では色を濁らせないのが大事みたい。といってもパレット上での混色は必須。そして明暗は「明るい」「暗い」「その中間」の三つに描き分ける。筆はその一本の先を「細く」「平らに」「割る」「バラす」などする。ホント! マジックですって。こんなの時間がかかりすぎて自分でなんか編み出せない。伝統に学ぶのがいちばん早い。

白状すればこのサイトを見つけてすぐ近所の量販店に走りました。水彩絵具と水彩筆とパレットを買いに です。 小学校の図工でクレヨンから水彩に変わったときシモジョウ先生ったらこんなテクニック教えてくれなかった。それでもって「絵に失敗はないんだから思い切って描きな」なんて言ってた。遠足で三角山(ト神山)に登った時の思い出を描いたのが初めての絵だった。・・・そう言われれば確かにそんな絵でも描く一生懸命さでは失敗ではなかったような気はする。