きょうの予定は?【①出/発送(25㌔)・・②荷/(何を荷づくるか言えない)・・・③収/・・・④作/掃除・麦(土入れ/除草/追肥)・・・⑤懸案事項/(電柵改修)・・・⑥他/スギ屋大工来(棚とりつけ・請求書)・・・】

きのう何した?【掃除・麦(土入れ/除草/追肥)☚ちょっとやった・屋根(袖瓦入れ・桟瓦ふき・棟雨仕舞)☚これで様子見・環境整備(栗いが・枯れ枝燃やし)・・・ 】

三月十一日。東日本大震災後八年。あの時のことを思い出す。その時のウチの揺れをみて「もうだめだ」と思ったものだった。でもオレ自身の身の上には以後何事もなかった。ダメではなかったのだ。被災した人に対し、そういう日本人がたくさんいる。

さてスマホの続き。

  • こちらはやっぱりダメだった。
  • NHKのラジヲストリーミングがQnSのiPhoneXでも途切れる。「なんだ~」ってかんじ。
  • なぜかNHKのはいちばん頻繁に切れる。一時間番組で五、六回だ。放送大学のストリーミング配信もよく途切れる。同じスマホでもYouTubeなんかだと途切れることはない。パソコだと同じストリーミングでも切れない。
  • なんなんだろう・・・・。
  • これを解消すべくいろいろやってきたが、結局なにも改善されなかった。
  • それなりに金もかかったのに。
  • この責任を誰もとらない。
  • そのとき歴史的にある段階まできた「社会的に都合がいい」答えが「自己責任」だろう。
  • そんなものを買って、そんなサービスを当てにして、それってみんな「お前がそうしようと思ってそうしたこと」だろう。 原因はお前にある。お前の責任だ!
  • というわけだ。
  • うそばっかり・・・。
  • あ~。こんな世の中もういやだ。
  • と言いつつ事態に適応しようとしてしまう。
  • なんという家畜根性なオレだろうか。
  • 家畜でないもののことを野生という。
  • 人は野生として生きられない。
  • 社会を作ってその中で交換をして生きている生き物なのだ。これは野生ではない。文明だし文化だ。
  • 家畜化とはお互いに交換するということだ。
  • その交換を①贈与返礼②搾取略奪③等価交換の三っつに区分けしておいた。
  • ・・・。

きょうの英語::Well with one foot on the platform / and the other foot on the train / I’m going back to New Orleans  / to wear that ball and chain / I’m going back to New Orleans /  my race is almost run / I’m going back to end my life / down in the rising sun

きょうの四小節::‟The house of the rising sun”(Bob dylan 版)のコピー(6)

上記「きょうの英語」の、その部分をボブはこんなふうに歌っていた。1962年とある。生まれは1941年だ。62−41=21。二十一のとき、あなたはどんなふうに歌をうたいましたか?

きょうの漫画::『額田のおおきみ』(安田靫彦(ゆきひこ))のコピー(4)

筆を湿らせ、それをウエスで拭って、前の絵の色を落としたのがこれ。ごったくなものがだいぶ無くなった。なくなったぶん子供っぽくなってしまったが・・・。