日別アーカイブ: 2019-04-03

きょうの予定は?【①出/駅・・・②荷/・・・③収/(なばな・ごぼ)④作/掃除・/収・製粉コユキ10㌔・除草・・・⑤懸案事項/電柵整備・・・⑥他/・・・】

  • 「令和」からその出どころの万葉集がブームになる気配なんだって。
  • あ~。嫌だ。
  • ドイツに占領されていた時のフランス(1940年~1944年)でレジスタンス運動に関わっていた人は実数二千人と見積もられているようだ。が、連合軍によってドイツが駆逐されたら、なんと!「オレ、レジスタンスやってたもんね!」と言い出した人が数十万人出て来たそうである。
  • そんなようなもんだって。この万葉集ブームなんて。
  • あ~。嫌だ。
  • と言っても、オレ自身『長いものには巻かれて生きる』という信条を持っているので、そんな万葉ファンや偽レジスタンス戦士や中国共産党員に面と向かって抗弁する立場にはない。
  • 弱ったものである。
  • その弱みが苦しみになる。
  • あ~。苦しい。
  • しかしこの苦しみは受け入れよう。
  • だって『正義が正義であり過ぎることは人間的ではない』からだ。
  • つまり、みんな人間やってるんでしょう、ってわけ。それが人間的でなくなちゃったら何すりゃいいんだ、って問題です。
  • 人間的ではないもの。例として機械。たとえば自動車。過ぎるも過ぎないもない。正義以外なにもできないのが自動車だ。自動車が正義でないとは、つまり故障していることだ。動かない自動車。役立たず。無いも同然。あればゴミ。在っても邪魔。
  • 人間は故障していりゃあいいってわけにはいかねえ。それでも生きてなきゃなんないからだ。だから万葉集でもやって盛り上がってりゃいいさ・・・。令和になるんだし。
  • あ~。苦しい。
  • あ~。嫌だ。

そういう感想をもたらしてくるのがこの国の(オレにとっての)元号制度です。たしかにその向こうに「長いもの」を見てとります。そして「長いもの」が長いままでいるうちはこれに巻かれましょう。が、時間の性質からいえば、「長いもの」はそのうち長いものを止めるはずです。始まったものは終わるのが時間の性質だからです。在るものは時間から逃れられない。「千代に八千代に」だって時間外のことではない。もっともこっちの命もその外には在りませんが・・・。

きょうの英語::All of those things turn to my suffer.

きょうの四小節::the house of rising sun (13)

きょうの漫画::身辺スケッチからの構成(3)::描いていますがUPしていません。なにしろF25なのでスキャンというわけにもいかない。そのうち写真でやってみます。