日別アーカイブ: 2019-11-18

  • 今日の予定は?【①・・・②・・・③・・・④・・・⑤懸案事項は/いろいろある(旅行しているのでその旅のリスクマネージ)・・・⑥他/慰安旅行す(秋田駅前「ドーミーイン」泊)・・・】

きのう何した?【①・・・②・・・③・・・④・・・⑤懸案事項は/いろいろある(旅のリスクマネージ)・・・⑥他/慰安旅行す「乳頭温泉」泊・・・】

余計なことは言わず、淡々としていたい。そうは言っても、何か言わずにいられない性分だ。そこで・・・、

(食材✖調理法)というアイデアが浮かんだことを話したい。

✖は「かける」記号だ。通常2✖3とか5✖9とかいうように使う。算術では二数をかけてもやっぱりただの数だが、幾何では二つの数をかけると面積になる。三つの数なら体積。四つ以上の数をかけたものが何になるかはわたしたちは経験しない。四つの数をかけたものは「立体が時間経過の中にあることだ」などと言われるが、立体と時間は別ものとして経験しているはずだ。歴史を経験する方がおられればそれが四数の掛け算(✖)かもしれない。が、歴史はヂスクールであって、言語経験に属する。ここに経験とは「感覚的事実として知る」ことである。サトウヨウスケ商店でイナニワ饂飩作りを経験したオレは四数の掛け算をしたのか? ああ、わからない。

じゃあ、(食材✖調理法)はなに?この掛け算はなに?

だめ。旅行が忙しい。またあとで。