月別アーカイブ: 2019年11月

  • 今日の予定は?【①出/発送(ライ麦24㌔)・駅(45点)・・・②荷/(とま・かぼち・じゃがい)・・・③収/(ゆりね)・・・④作/①②③・精麦(ライ麦30㌔)・あお取りトマの仕分け☚続き・・・⑤懸案事項/いろいろある(安全確保とか・・・)・・・⑥他/・・・】

・・・。

きょうの英語::Why do they read the paper? / Because it’s free in Israel. The paper’s name is “Israel HaYom(ישראל היום‎)”.

きょうの四小節::拍子/旋律/和音を思う

 

きょうの漫画::身辺スケッチ「ナイフ・・・」

 

ナイフの中のブルーがいい。なんだか疲れてるとすれば、その反対のものが出ている。『抜けば玉散る氷の刃』の、散るものがその青だろう。こんな青の使い方があったんだ。

  • 今日の予定は?【①出/駅(30点)・・・②荷/(とま・かぼち・じゃがい)・・・③収/(ゆりね)☚土濡れ、出来ず・・・④作/①②③・あお取りトマの仕分け☚続き・・・⑤懸案事項/いろいろある(雨漏りとか・・・)・・・⑥他/・・・】

困った。ひどい鬱病な気がする。どうにもならないが何とかしよう・・・。

きょうの英語::Which gives better result, careful work or careless work? / Careful work does.

きょうの四小節::拍子/旋律/和音を思う

 

以下何気なく言語論(174)

きょうの漫画::何かのコピー・・・

 

そのコピーなんだけど、①「カメラで風景をコピーしてみた」。①の「カメラ」を「ヒト」に入れ替えると、②「ヒトで風景をコピーしてみた」となる。➀と同じように②も有意味な文ならカメラ=ヒトということになるのかどうか。

等号で結ぶのには無理があるようだが、物や事を情報化する手段としてカメラにしますかヒトにしますかという、両者を同じ範疇に属する物として捉えるのはいいだろう。

同じ範疇に属するものとして物や事を捉えるのが言葉だ。(=「概念」として捉える。概念は言葉によってしか表せない。例:イヌ・ネコ・松・杉など)。

概念は絵に描けない。絵に描くと一つの具体になってしまうからだ。犬の絵を描いたって犬という概念は表せない。その絵を見て「あ、犬だ!」と叫べば、その言葉が犬という概念を表すが、絵自体は概念を表さない。具体的な犬(の情報)にすぎない。その範疇を表わせる情報化手段が言葉のユニークさだ。

その独自性は逆に言葉で何か言うと概念でしかないことでもある。「花子」と言えば、言葉としては花子という名を持つすべての人=つまり「花子」という範疇になってしまうのである。英語などではそれを避けるためにTheがある。”The Hanako”と言えばそれは概念ではない。が、それは話者と被話者の暗黙の同意によってその場かぎりで成り立つ一回ポッキリ、その都度のことさ。

ついでに言うと絵文字は範疇をあらわすから言葉である。絵のふりをした言葉だ。しかし言葉でありながら皆に承認された発音を持たないところが変わり者なのよ。

あなたは変わり者ですか? オレは常識の精髄の権化ですから変わり者ではありません。常識が服着て歩いていうようなものだ。

言葉ではあっても世の中にたった一つしかないもの、例えばテムズ川とか富士山とかは概念ではない。だって範疇がないから。この場合だけ「言葉は概念を表す」とは言えなくなる。あなた、「そうかな~っ」てずっと疑っていたでしょう? そんなこと言ったって、ダメですよう~。

カメラとヒトが同じ範疇に属することを表す、その概念に「名付け」が必要かもしれない(=命名という=名のあるものはすべてかつて命名されたものである。神も美も犬も松も。これを考えるのを「命名論」という(らしい))。

「情報化手段」でどうだろうか?概念としてこの言葉を使うと考えやすくなると思うんですけど。

問1::言葉は情報化手段か。(答え::そうです。情報化手段です。絵や音楽と並んで人類の最も古い情報化手段だ。それに比べカメラはかなり新しい。文字はカメラより古い。)

こういうふうに言葉をいじくりまわして何かを発見しようとするのを認知言語論的発見と呼ぶ(らしい)。そう教わっています。

『らしい、らしい』ですみません。

そのことなんです。言ってダメ、言わなくてダメって悩んでいたことは。気分良くないでしょう? こんなこと言ったって。

<(_ _)>! すみません。

問2::情報化手段としてカメラではなく、ヒトを代入した場合、それを使って何かを情報化しようと欲望するのは誰か。カメラのかわりに忍者またはスパイの例と自分自身の場合を使ってこたえよ。

問2-1::元に戻ってカメラの場合ではどうか。言葉ではどうなるか。(「所有」ということを問題にしなければならない感じがするが。誰がカメラの所有者で、忍者やスパイへの命令権は誰にあり、言葉の持ち主は誰で、あなたの持ち主は誰か、など。あなた自身が忍者とかスパイである場合もある。)

問3::何かを情報化したいという欲望は、誰に、どういう道筋をとって起源するか。報道写真家、新聞社の社会面の編集者、テレビ局の所有者、この日記を書いているオレの場合で考えてみよ。

問4::欲望プログラムはどう書けるか。その筋道を記せ。

問5::機械が欲望しだすのはいつの日か。あるいはそういう日は来るか。

  • 今日の予定は?【①出/駅(25点)・・・②荷/(とま・かぼち・じゃがい)・・・③収/(ゆりね)・・・④作/①②③あお取りトマ仕分け・・・⑤懸案事項/いろいろある(・・・)・・・⑥他/・・・】

・・・。

きょうの英語::Urge me to let you help me. / “Do let me help you.”

きょうの四小節::拍子/旋律/和音を思う

 

 

きょうの漫画::妄想スケッチ「あきた紅葉②」

 

描き直してみた。前回より少しマシか。「道路」ってみなが経験する。当たり前の景色だ。それじゃあ「道路の(漫)画家」って誰かいるのだろうか?