日別アーカイブ: 2019-12-02

  • 今日の予定は?【①出/駅(40点)・配達(ライ麦粉25㌔小麦全粒粉50㌔)・・②荷/(とま・かぼち)・・・③収/(ゆりね)☚何か手がつかないんだけど・・・④作/①②③・あお取りトマの仕分け☚続き80㌔分・・・⑤懸案事項/(いろいろある。フレームのなおしとか)・・・⑥他/(近所の温泉行き)・・・】

・・・。アベ君もこのところなんだか危なくなってきている。モリトモ学園から始まり、カケ学園へと続き、今度のサクラを見る会へと続いた一連の問題で、である。

しかしそんなスキャンダルをやっているうちにチャッカリと特定機密保護法、安全保障関連法、TPP関連法、共謀罪法、働き方改革法、カジノ法などを成立させていた。いつの間にかなんだかすごいことになっている。忖度ばかりしていて、誰もそれを止めなかった。野党なんて何を言っても相手にされない。オレも別段「ハンタ~イ」と叫んだわけではない。

どうしたら皆が元気になれる公共を作って行くか、なんて論点はアベ政治にはなかった。希望をつぶして取り締まりを強める方向だった。そのためにいろいろな危機が言い立てられた。

問1::どんな危機が言い立てられたか。(::尖閣諸島、竹島、北のミサイル、拉致、北方領土、慰安婦、徴用工、中国海洋進出、人口減少、超高齢化、財政難、大震災、・・・、など)

問1-1::そこでメディアはどう振舞ったか。(::わたしたちが知っている通りに振舞った。メディアも危機をあおった。いや。メディア危機をあおった。メディアは忖度した。「皆が元気になれる公共づくり」に焦点を当てる気がなかった。メディアで働いて食っている人たちが生きて行くためにはそうするしかなかったという意味で戦前の報道機関と全く同じである。何も変わっていない。それがメディアで食うための語用の仕方なのだ。もし言論の自由を手にしたいならメディアで食わない方がいい。・・・しかしアナタにも・・・。言論の自由などない。)

法は言葉で書かれる。それが大事だ。言葉で書いておいて、それに違反したからという理由で取り締まるのだ。それを言葉で書くための手続きが国会審議である。そこは「民主主義」になっている。

そこに書いてあることと全く同じことをあなたが個人的に言ったとしても(=書いたとしても)、その言葉にはなんのチカラ(=意味)もない。それが『言葉に意味なんかない』と云われるゆえんだ。チカラ(=意味)は誰がどういう手続きで言ったかの方にある(意味論から語用論へ)。

アメリカ原住民もオーストラリアアボリニジーもニュージーランドマオリもドイツユダヤ人もそんなふうにして取り締まられた歴史を持つ。書いてある事に違反したのだからそれを取り締まるのに痛みはない。皆殺しもなんでもありだ。だって、書いてあることに違反してるんだもん。って理由だ。日本にも特高警察とかがあって大いに取り締まっていたと伝えられている。

書いてあることをチカラに変えられる者はアナタではない。具体的なチカラ(=暴力)を持つ者だ。あなたの暴力なんてたいしたことはない。「民主主義」はその取り締まりにアリバイを与える。アナタには与えない。

次は誰がやるんだ。シンジロウ君きゃ。行くところまで行ってポシャるってことか。歴史ってこれを抜け出せない。

そうに決まっている。そうなる。

ポシャッた時のオレの生活はどうなるんだろう。その責任、取らないよな。アベ君。飢えて寒さに凍えて死ぬんかなあ。やだなあ。そういえばナカソネ君はお亡くなりになったという。百一歳だったっんだって。ご冥福をお祈りいたします。

しかし、まあ、アベ君もシンジロウ君もナカソネ君も誰かに語られている「言葉」だからねえ・・・。

その「誰か」を人がなんとか出来るのかデキナイのかが問題の本質だろう。オレは「できない・・・」と思っている。つまり出来るものはできるし、出来ないものはできないっていう意味での、デキナイなのだ。「誰か」はそういう性格のもので、だからその呼び名として「神」も候補になる。オレは無神論者ではないワケだし・・・。

そんなふうに虚無的なオレです。鬱病になるのもうなづける。あ~。つらい。

と言葉でいうのです。が誰もビクともしない。

問2::そんな言葉にチカラはあるのか。(::ない。チカラは無い。)

無い。とも言い切れないのが面白いところだ。「誰か」がオレにそんな風に言葉を使わせているという見方をすれば、その何かが動いているということだろう。そういう「誰か」のチカラの発現の象徴としての言語使用というのも考えに入れたい。それは「語っているわたし」ではなく「語らされているわたし」という受動の生の見方なのです。

で、あなたはここで、どんな風に「語らされて」いますか? あなたではなく誰かの声をあなたが媒介者となってお伝えください。その言葉にはチカラがあります。だってアナタの言葉じゃないんだもん。その「誰か」の言葉なんだもん。

 

きょうの英語::

きょうの四小節::拍子/旋律/和音を思う。

きょうの漫画::「体からだ/顔かお/目め」を持つもの