月別アーカイブ: 2022年10月

予定::【「収穫(トマト・キク)。荷造り(キク・トマト)。出荷(なし)。作業(トラクタ「不凍液入れ」。その他(QnS「出掛け(石和温泉)・調理・洗濯」、猿きち「掃 除・(笛::お洗濯ワルツ「❶26~33練習、❷通し練習」)☚6゜45 ´晴れ。風3m/s。木の葉の騒ぎを見てm/sを言い当てる練習をしている。                  「そんな事! 言ったってダメ ですようと (言うのは社長 でなく奥方)」。

                

 「やった!」▽「途中だ!」「出来なかった!」

・・・

 

きのう麦の種まきを終えた。10月いっぱいに播ければいいなあ、と思っていたのが実現した。11月に播いた去年は芽の出が悪かった。ほんとうは9月下旬が理想かもしれない。零れ麦の芽の出を見て、そう思う。思ったところで種まきのヒマはないし、雑草も9下では多い。やはり10月だろう。それとトマトの青玉とりも昨日で終えた。1.5tくらいある。赤くして売っていく。「追熟もの」である。

カボチャとサトイモとコンニャクはこれからだ。それが終わると冬休み。

 

笛::お洗濯ワルツ「❶26~33練習、❷通し練習」::どうか?::これを提出してみました。

通し練習もやっておいた。下手だけど通した。長い事この曲を練習しているので、ほぼ暗譜してしまいました。暗譜なんて初めてのことです。

 

次はD.S. al Coda 部分(=第三部分)だ。通しの中で何回かやっていることだ。

 

予定::【「収穫(トマト)。荷造り(トマト)。出荷(キク・トマト)。作業(トラクタ「不凍液入れ」畑「スペルト種準備・同種まき」。その他(QnS「出掛け(石和温泉)・調理・洗濯」、猿きち「掃 除・(笛::お洗濯ワルツ「❶26~33練習、❷通し練                                                              習」)☚7゜10 ´晴れ。無風。                                          「どんがらと 落ちたのは猫 でも立ってる (すばしこい奴 のち悠然と)」。                

 「やった!」▽「途中だ!」「出来なかった!」

・・・

 

『社会なんてありませんから!』と言ったのはイギリスのサッチャー首相だった。人は社会の中でしか交換ができない。その社会が「ない」と言ったのだ。逆に交換しているという事実があれば社会があるという同値関係でもある。サッチャーの『社会なんてありませんから!』という発言には、もしその発言が「社会を初発」させようとする意志があるなら、それに同調するお仲間(=社会)を発生させようとする意志をみる。

サッチャーの『社会なんてありませんから!』を例に発言の意味を考えてみました。もともとの問題は「人は言葉を使って何をしているのか」です。いまのところ答えは「社会を初発させるために言葉を使う」です。つまり「お仲間募集」情報ってことだ。オレのこの日記なども「お仲間募集」情報ですが、読んでくれる人(=聞いてくれる人)を「お仲間」として募集している情報です。読んでくれればいいだけです。それ以外のことは必要ありません。権力者(=立場上、暴力を使える者)の発言は「お仲間募集」情報ではない場合もあります。

 

笛::お洗濯ワルツ「❶26~33練習、❷通し練習」::今日は録音してみたいな。::わからない。これは言葉じゃあないんだよね・・・。音楽が何なのだかわからない。言葉に近いことはわかるが。

予定::【「収穫(トマト)・荷造り(キク)。出荷(キク)。作業(トラクタ「不凍液入れ」畑「種準備・夏こがね、こゆき、ぎんが、ゆきち小麦種まき」)。その他(QnS「調理・洗濯」、猿きち「掃 除・(笛::お洗濯ワルツ「❶26~33練習、❷通し練習」)☚7゜19 ´晴れ。2m/s微風。「不具合さ オレの体も 心まで (「よっこらしょ」っと 言って不機嫌)」。                

 「やった!」▽「途中だ!」「出来なかった!」

・・・

 

上機嫌で暮らしていきたいと希む。それがなかなか叶わない。叶わないながら、どこかに「どうせそんなものさ!」という笑いがある。それが救いだ。

きょも厳しい一日になりそうだ。「どうせオレの人生そんなものさ!」。と、いうわけだ。笑い。

そんなふうになっている。

 

笛::お洗濯ワルツ「❶26~33練習、❷通し練習」::?::録音しなかった。