予定::【 収穫「なし」 荷造り「カボ・ジャガ・サト」 出荷「なし」 その他「除草(手・刈り払い機・HKnM・トラクタ・グリホ)」 QnS「買い物(行き)・料理・洗濯」・ 猿きち「掃除・笛:お洗濯ワルツ(通し)+自主練」 ::☚☚9 ゜57´晴れ。風(なし)

(やった!)・▽(途中だ!)・無印(出来なかった!)

::わたしども にはなにげない なげきあり (てんぺんちいと いうのでもなく)::  天変地異と言うのでもなく・・・ 私ども には 何気ない 嘆き あり。  ::

::It wouldn’t call as a natural disaster,                                                                                                      but we have some casual grief.

 

・・・

東日本大震災といえば大災害だった。

そのときはここもかなり揺れて「もうだめだ」と思った。次は南海トラフ地震と首都直下型地震が心配されている。ついでに富士山大噴火などもすこし話題だ。その他、台風・大雨・地球温暖化なども心配される。惑星衝突などはどうだろう。これらを天変地異とくくっておく。

一方、火事をおこしてしまうとか年取って体が思うように動かなくなるとか風邪を引くなどもある。こちらは「天変地異」といふものではない。不注意とか不条理に属する。天変地異は人や人間社会に損害を与えるが、逆に天変地異が人間社会に気遣って手加減を加えるなどということがない。この辺が不注意とも不条理とも違うところだ。

不注意は意識の問題で、物事に慣れて来ると意識から外れてしまって、やって来る事態だろう。放火は家に火を放つ事(意識)だが、失火は「うっかり火事を出してしまう事」(無意識)で、だいたいその事態を嘆くことになる。

不条理(例:年取って老人になること・天皇家の長男となって生まれる事・女に生れる事など)は運命そのもので、逃れられない。その意味では天変地異と共通するが、不条理にはその向こうに人間社会があって、そこが老人や天皇家の長男や女であることなどを「運命づける主体」(=人間社会)になっている。社会の中での何かが問われていて、そうなる。

嘆きの分類は①天変地異から来るものと、②不注意から来るものと、③不条理から来るものに分けてみたってわけです。

「だからどうした?」とあなたから突っ込みを入れられても困ります。なにしろそんな事まで考えていないんですから・・・。

 

笛:お洗濯ワルツ(通し)+自主練::なにしろ音楽をねじ伏せたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です