予定::( 収穫【なし】 荷造り【なし】 出荷【なし】 その他【管理機(クラッチ調整)除草(グリホ)トマフレーム解体(実行)】 QnS 【プール(行き)・琴練・料理・洗濯】   猿きち笛練(ガリアルドのソナタ第四番、三楽章「サラバンド」・後半」) ピアノ練(和音の練習)・歌(唄う)・ 絵(描く)・掃除】::9 ゜03 ´晴れ・風  (5m/s)                                           (やった!)・ ▽(途中だ!)・ 無印(出来なかった!)

::すわたいしゃ ってすもうにま けたかみさ (んがとじこめら れているじんじゃ) :: 諏訪大社って 相撲に負けた神さんが 閉じ込められている神社  ::

Suwa Grand shrine is a shrine where a god who lost in Sumo.

・・・

何か相撲について話さなけばならない。

相撲の思い出は三っつあり、❶小学校五年の時の昼休みの相撲遊びと、❷東京を落ちこぼれてこの地に来た時の石尊神社での相撲大会と、❸大相撲としてNHKテレビでの放送の三っつだ。

そんなことで相撲について調べていたが諏訪大社(=Suwa Grand Shrine と英語でいうらしい)には古事記の登場人物「建御名方神(たてのみなかたのかみ)」が祭られているらしいと分かった。負かしたのは建御雷神(たてのみかずちのかみ)らしい。それが日本書紀では負けたのは當麻蹶速(たいまのけはや)となり勝ったのが野見宿禰(のみのすくね)となる。

相撲となるといろいろ考えてしまう。古事記は第40代天武天皇の命令で編集が開始され天明天皇が引き継ぎ完成させた。日本書紀は同じく天武天皇の発案である。古事記と日本書紀はその編纂の目的がちがう。古事記は日本国内向け、日本書紀は隣国の唐向けに書かれた。と、教わりました。そして天皇とは統治者なのだ。歴史は誰によって書かれるかといえば統治者によって書かれるとはよく知られたことだ。他に歴史を書きたいなんて動機は誰にもない。

 

笛練(ガリアルドのソナタ第四番、三楽章「サラバンド」・後半」)::れ。

 

拍が「3:1」に分割されている感じがしない。

予定::( 収穫【なし】 荷造り【なし】 出荷【なし】 その他【苗(植え付け)除草(グリホ)・トマフレーム解体(実行)】 QnS 須玉プール(行き)・琴練・料理・洗濯】   猿きち笛練(ガリアルドのソナタ第四番、三楽章「サラバンド」・前半」) ピアノ練(和音の練習)歌(唄う)・ 絵(描く)・掃除】::8 ゜53 ´曇り・風  (なし)                                           (やった!)・ ▽(途中だ!)・ 無印(出来なかった!)

::ますますな にもとのなげき ありなげき (のさきにはらい きゃくへのしくじり) :: ますます何も との嘆きあり 嘆きの先には 来客へのしくじり  ::

There is more and more lamentation,
Because I had gave a poor reception of visitors.

・・・

先ほど来客があった。

それが誰かは言えない。言えないが、対応はマズかったっという後悔が残る。なにかダメなんですよね。老齢のせいにはしたくないが、そうせざるを得ないってこともあるでしょう。

 

 

笛練(ガリアルドのソナタ第四番、三楽章「サラバンド・前半」)::れ。

先生イシダ::残念ながら跳ねるリズムの個所が依然として均分に演奏されています。「時間比が3:1」です。                                                 前半を演奏なさったとき、3(下の楽譜では=4)小節でも出てきたリズムで、このときは、時間比2:1ぐらいではあるものの「跳ねる」感じに演奏できていたのです。後半部の演奏ではこのリズムが「1:1」になってしまいました。                    前半の演奏では、3(=4)小節の演奏がほぼうまくできていらっしゃったので、思い出していただく意味でもう1度「前半」をおきかせいただけませんか。

猿きち::「跳ねる」って3:1にすることだったんだ。

こんなんじでどうかなあ。

 

これを再提出した。

 

先生イシダ::これで跳ねるリズムを思い出していただけたでしょうか。13小節の2拍目・3拍目や、15小節の1拍目、16・17小節の2拍目・3拍目も同様な「跳ねるリズム」です。                                                   第二部分(9~25小節)について跳ねるリズムに気を付けて練習し、もう1度おきかせください。

 

 

 

 

予定::( 収穫【なし】 荷造り【なし】 出荷【なし】 その他除草(グリホ)・トマフレーム解体(実行)】 QnS 【買い物(行き)・琴練・料理・洗濯】   猿きち笛練(ガリアルドのソナタ第四番、三楽章「サラバンド・通し」) ピアノ練(和音の練習)歌(唄う) 絵(描く)・掃除】::8 ゜53 ´曇り・風  (なし)                                           (やった!)・ ▽(途中だ!)・ 無印(出来なかった!)

::いたくして しまったみぎふ くらはぎだ (どうかひだりに はきてくれるな)::  痛くしてしまった右脹脛だ どうか左には来てくれるな  

::

My right calf is hurt,
Please don’t come to the left.

・・・

きのう久しぶりに歩いて右のフクラハギを痛くしてしまった。

それが左にでも来たら歩けなくなる。歩けなくなるのは嫌だ。

命の性質として「生きたがる」ってことを想定しているが、生きたがるかどうかはワタシの欲望として意識に登るか否かな筈だ。歩けなくならないようにと願う事は命が生きたがっていることと解釈した。じゃあ、その欲望に身をまかせよう。

 

笛練(ガリアルドのソナタ第五番、四楽章「サラバンド・通し」)::れ。                              前にならった『忠実な羊飼い』を吹いてみました。