• 予定::【収穫(ハクサイ・フキノト)荷造り(ハクサイ・フキノト・Dトマト)。出荷(なし)。作業(なし)。その他(QnS「富士川町パン教室・料理・洗濯」、猿きち「掃除・ガボット1~40通し練習」】☚8゜51´::晴れ。

::(「やった!」「途中だ!」 「出来なかた!」)

・・・。

Re練::【ガボット24~40(再提出もの)練習➏】の評価

先生イシダ::『修正していただけていて結構だと思います。ただ❶最後の39小節後半が遅くなっていました。曲の終わりですから少しぐらいはリタルダンドするとしても、これではきつすぎます。通し演奏のときは伴奏に合う程度に。それでは「通し」を目指してください。』

猿きち::❶になってたなんて意識できなかったよ。ただ間違っただけじゃねえんか・・・。やだなあ、もう。

 

きのう医師ヨシダに降圧剤を処方された。『カンデサルタン4㎎』というジェネリック薬だ。「噛んで猿たん」なんて変な名前。30錠で460円だから一錠あたり15円ほど。QnSなんか一錠500円もする薬を毎日飲んでいる。

どんな薬を飲んだところで最後は死ぬ。どうせ死ぬんだからいっそのこと飲まずに済ませる、ということもできないおれだ。そこが生きてゆくことの不条理の現れだ。そう思うんですけど・・・。どうかな。

不条理なんだから理屈通りにはいかない。『健康診断なんか受けないもんね!(ヨウロウ・タケシ)』とか『病院なんか一切行かない!(イツキ・ヒロユキ)』とかという人もいるが、それは条理に生きるからだろうか。そういうことでもないような気がする。それはそれぞれに作った物語だ。物語には理屈みたいなものがあり理屈は自分に都合がいい範囲で使ってはどうか。ヨウロウもイツキも、その他の人もそうしている。都合がいいのだ。都合は実存ごとにちがう。

病院とか医者とか医学とかを信用しない人はかなりの数いる。その場合の一番の問題は「虫歯」だろう。虫歯の治療どうするの?ほっとけば痛いよ。条理のためには歯痛にも耐えるなんてヤッテられない。この意味でコバヤシ・タキジの生き方には反対だ。そんなんできない。タキジはたきじの実存を生きたってことで願いたい。

だから「条理に生きなければならない!」というのも「なんだかなあ・・・」と思う。そんな強迫があることも確かだ。きっと理科・数学教育の「喩え話効果」だろう。これをガッコで仕込まれる。物理や数学では条理に生きればいいのだが、変な物語を作ってその物語の通りにいきなければならないとなると問題が多い。『天皇陛下万歳!』などをその例としてあげられる。いまは「そうした物語」が緩んでいるので多くの人が何をどうすればいいか分かんなくなって「生きてりゃいいさ・・・」くらいになっている。その「いいさ!」のために有効なのが既得権だ。

話しは別になりますが、ウクライナの方、なんなんですか?チェルノブイリ原発はウクライナにあるんだっていうじゃないですか。ってことはソ連邦のひとつの「邦」がウクライナってことだ。

地理ついでにいうとウクライナの北西にベラルーシ・リトワニア・ラトビア・エストニアがある。ロシアを取り巻く小国だ。これもかつてソ連邦の「邦」の一つだったんだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。