• 予定::【収穫(なし)。荷造り(トマト・カボチャ)。出荷(トマト・カボチャ)。作業(なし)。その他(QnS「料理・洗濯」/  猿きち「掃除」・雪の夜に「1~70通し練習☚続き!」】☚09゜32´雨。

::(「やった!」 「途中だ!」 「出来なかた!」)

・・・。

 

きょうは雨だ。雨がふっている朝だ。左文における「だ」って、品詞的には何なんだろうっておもいながら日記をつけています。意味的には「~である」とは分かるが品詞が何なのかわかんないなあと思いながら書いている。

❶きょうは雨。❷きょうは雨だ。❸きょうは雨である。

英語からの類推で”to be”なんでしょう。だから動詞っぽい。「である」の連体形かな・・・。あれ? ちょっと調べよう。

助動詞「だ」だって。『だろ・だっ/で・だ・な・なら・φ』って活用する例のやつ。

結局のところ、調べたが教える人が何を教えようとしているのかについて掴めなかった。日本語文法って何度か分かろうとしたが、分かったためしが無い。こういうのも『聴くチカラがない』っていうのかな?

「ただのバカでしょう!」

誰ぇ? そんなこと言うのは。 そんなこと言うんだったら「雨」っていう名詞に「だ」がくっついていて、それが「助動詞」だっていってるんだぞ!「助動詞」って動詞・形容詞と結びつくんじゃねえんか? 「雨」は名詞だろう? 助動詞「だ」連体形なら「な」だ。「きょうは雨な」じゃあヘンだろうが!

「そんなこと分かんなくても生活に困んないもん!」

うう・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。