予定::【収穫(男爵ジャガイ・ナツコガネ小麦)。荷造り(なし)。出荷(なし)・マルチ剥ぎ「=3/3から」・トマ畑「第二花房あて誘引、芽掻き、下葉掻き・受粉・セパ吊り」・その他(QnS「料理・洗濯」、猿きち「掃除・インテルメッツヲ(9~24 /再練⑫)」 】☚5゜39´雨。無風。激しく雨が降る。麦の収穫が気が気でない。おれ老人は「日本の夏」に圧倒されている。

「やった!」「途中だ!」「出来なかた!」

・・・

 

うう。苦しい。大雨だ。梅雨明けしたんじゃないのかよ。仕事が予定通り進んでいないのが苦しい。小麦、ライ麦の収穫が予定通りに進んでいないのが、特に苦しい。

・・・苦しみって、あるよね。プーチンなんかどうなんだろうか。ロシアの権力者だよね。それがウクライナにチョッカイ出している。苦しくって、そんなことやっているのかね。そうだとすれば、やっぱり「立場」がそうさせるんだよ。ロシアって社会の大統領って立場がそうさせる。オレなんかそういうことでは気楽だが、麦の収穫では苦しんでいる。「ロシアの大統領:日本の農民」って実存のちがいだ。

気楽って言ったけど、それがプーチンの生身に起こっていることだっていう意味で、オレの身に起こっていないことだから気楽。あんなニュース見せられりゃ「酷い世の中だなあ・・・」って思う。そっちは、ちっとも気楽じゃないんだ。実存としては気楽。情報としては苦しい。

実存と情報を比べて欲しいよ。情報に晒されている自分って、やっぱり実存でしょう。実存っていっても特殊な情報にすぎないのも、わかるでしょう。

苦しみを支払って何が手に入るかにも、ちょっと気をつけてね。それなくして苦しむ甲斐はないでしょう。「楽しけりゃ、いいんだ!」って話になってしまう。酒でも飲んでアル中やってろ。ばか。

じゃあ。雨の一日をはじめます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。